ファッション

ビューティ&ユース2022-23年秋冬ウィメンズ 自由な発想で楽しむプレッピースタイルを提案

 カジュアルテイストを軸とするビューティ&ユース ユナイテッドアローズ(BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS以下、BY)の2022-23年秋冬ウィメンズは、自由な発想で楽しむ新しいプレッピースタイルを提案する。

 カレッジニットやストライプのボタンダウンシャツ、ウォッシュ加工のジーンズなどノスタルジックなムードを感じるアイテムがそろう。ニットベストには、トレンド要素のシアー素材のブラウスを合わせ、今の気分に沿ったプレッピースタイルにアップデートする。

 強化素材のクラシック感のあるツイードのセットアップには、ブルーのダウンベストを重ねアウトドア要素を加え、足元はファーサンダルで抜け感を演出する。小沼悠子ディレクターは、「ブランドコンセプトである自由な発想に立ち返り、遊び心のあるスタイリングで自粛明けの前向きなムードを盛り上げたい」と話す。

 ジャケットは、ボックスジャケットやノーカラージャケット、スペンサージャケットなどシルエットのバリエーションを強化し、セットアップで着られる同素材のミニスカートやパンツを用意した。足元はミニ丈のボトムスに合わせやすいボリューム感のあるロングやサイドゴアのブーツのほか、プレッピースタイルを完成させるローファーなどをそろえる。

 今春夏は、ピンクやイエローなどビビッドなカラーパンツが好評だった。秋冬も引き続き、発色の良いブルーやオレンジ、ピンクの色合いをそろえて新鮮さを打ち出す。MD面では、ウールのコートを減らしてナイロンやレザーなどシーズンレスで着られるアウターを強化した。中でもダウンベストが豊富だ。22-23年秋冬シーズンからスタートする釣り用品「ダイワ(DAIWA)」のアパレルライン「ダイワ ピア39(DAIWA PIER39)」のウィメンズラインからもポップなカラーのダウンベストを仕入れた。また、「ジェーン スミス(JANE SMITH)」、「ワイルドシングス(WILD THINGS)」、BYのトリプルコラボでもダウンベストを別注した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

読者人気ナンバーワンに輝いたのは? 「2022-23年秋冬リアルトレンド総選挙」結果発表!

「WWDJAPAN」6月27日号の特集は、「2022-23年秋冬リアルトレンド総選挙」。編集部員が展示会を回って撮影・セレクトした、ファッションビルやSC、百貨店、セレクトショップなどを販路とする総勢32ブランドの新作ルックをウェブで公開し、ユーザーからの投票を募りました。

詳細/購入はこちら