ファッション

「ジョルジオ アルマーニ」が“世界で活躍する女性”として三吉彩花を選出

 「ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」は、さまざまなジャンルで活躍する女性を世界から選出する「クロスロード」プロジェクトのセカンドシーズンを開始し、12人を発表した。日本からは、俳優の三吉彩花がアンバサダーに就任した。

 「クロスロード」プロジェクトは2021年に始動。ファーストシーズンでは、菜々緒がアンバサダーを務めた。セカンドシーズンは、12人の女性がそれぞれの人生のエピソードをインタビュー形式で紹介。大きな決断を迫られた瞬間を自分の言葉で語る。

 インタビューの撮影は本人にとって重要な意味を持つ場所で行われ、三吉は「世界配信されたドラマの撮影地」である“渋谷スクランブル交差点”と、「自分を無にしてリフレッシュできる場所」として“森”を選んだ。

 三吉は、「自分のパーソナルな部分を世界の皆さんに知っていただくことは恐くもあり、同時にワクワクもしている」と話し、デザイナーのジョルジオ・アルマーニは「本プロジェクトは強く生きる女性を高く評価し、その考え方を発信・サポートするための取り組みの一環だ。彩花は海外での活動も視野に入れ、選択した道を力強く歩む人。まさに『クロスロード』に適任な女性だ」と述べる。

 「クロスロード」プロジェクトセカンドシーズンにはほかに、フランス人バレエダンサーのオーレリー・デュポン(Aurelie Dupont)や英国人俳優のググ・バサ・ロー(Gugu Mbatha Raw)らが選ばれた。

最新号紹介

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。