ファッション

「マルニ」手掛けるフランチェスコ・リッソによる雑誌「エーマガジン」 ドーバーギンザで発売

 「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」の川久保玲がディレクションするコンセプトストア、ドーバー ストリート マーケット ギンザ(DOVER STREET MARKET GINZA、以下DSMG)は5月14日から、「マルニ(MARNI)」のクリエイティブ・ディレクター、フランチェスコ・リッソ(Francesco Rissso)がゲストキュレーターを務めた雑誌「エーマガジン キュレイテッド バイ フランチェスコ・リッソ(A Magazine Curated by Francesco Risso)」を販売する。リッソと親交のあるアーティストや写真家など20組超が作品を寄せており、ユニークで自由な魅力を常に振りまいているリッソの、頭の中を覗くような内容になっている。6600円(税込)。

 ドーバー7階の書籍スペース“ビブリオテカ(BIBLIOTHECA)”で扱う。着せ替えのようなファニーなイラストがあったり、顔を緑色に塗ったリッソ自身の写真をコラージュしたアートのページがあったりと、浮かぶ言葉は自由奔放。言語を介さずとも、純粋に「楽しい」と感じられる内容だ。DSMGや「コム デ ギャルソン」ともつながりの深い写真家・映像作家のジョーダン・ヘミングウェイ(Jordan Hemingway)や、写真家ジェイミー・ホークワース(Jamie Hawksworth)も参加している。表紙もエンボス加工によってトロンプルイユ状にした凝った作り。

 DSMGのほか、「マルニ」の表参道の旗艦店や百貨店内の直営店などでも販売する。「マルニ」は5月20日に、ユニクロとのコラボレーション「ユニクロ アンド マルニ(UNIQLO AND MARNI)」も発売予定。また、表参道ヒルズ(5月10〜15日)と阪急うめだ本店(5月18〜24日)では、マーケットバッグなど買いやすい商品を集めた催事「マルニ マーケット(MARNI MARKET)」も行うなど、このところ話題豊富だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

アパレルは値上げする?しない? 全方位コストアップの中で有力企業の対応は?

5月16日発売の「WWDJAPAN」は、「アパレルは値上げする?しない?」にフォーカスします。すでに食品や外食、電気代などでは値上げラッシュが続いていますが、アパレル製品でも素材価格の上昇や物流費の高騰と混乱、さらには大半を輸入に頼る中での円の急落によってコストアップ圧力が大変高まっています。

詳細/購入はこちら