ファッション

ユニクロが「マルニ」とタッグを組んだ理由は? 「部屋にアートを飾るように色柄を楽しんで」

 ユニクロは5月20日の発売に先駆け、イタリアのファッションブランド「マルニ(MARNI)」との初のコラボレーションコレクション「ユニクロ アンド マルニ(UNIQLO AND MARNI)」の商品を公開した。2022年春夏はユニクロの通常コレクションとしても色柄を推しているが、その一環として「色柄の遊びが巧みなブランドの代表といえば『マルニ』ということで、コラボレーションに至った」(ユニクロ広報担当者)という。

 商品はメンズ10型、ウィメンズ9型、2足セットのソックス1型。コンパクトなコレクションだが、ユニクロの通常ラインにはほとんど登場しない大胆な配色や柄の表現が特徴で、同じアイテムでも色柄の違いによってイメージは大きく異なる。大花や小花、チェックの柄は全て、今回のコラボレーションのために「マルニ」側が作成したもの。ハンドペイントで表現した自由でヒッピー的なムードは、「マルニ」の現ディレクターであるフランチェスコ・リッソ(Francesco Risso)らしさ全開だ。

 素材ではユニクロの強みを生かしている。例えば、今コラボの象徴的な商品の一つである裏地がビビッドな配色になったハーフ丈のコートには、防風、防水、透湿、耐久はっ水などを打ち出すユニクロの独自素材“ブロックテック”を使っている。3層構造で張りのある素材感が、フードの立ち上がりやボディーのコクーンシルエットを表現。ウィメンズ品番だが、メンズ誌の編集者などからも評判はいいという。他商品も、メンズ、ウィメンズの区別なく着られるアイテムが中心だ。

定番商品を「マルニ」流にひとひねり

 メンズで企画しているテーラードジャケットとタックパンツのセットアップは、ユニクロの夏の看板商品の1つである“感動ジャケット”や“感動パンツ”を下地にした。ストレッチ性やサラリと着られる速乾性、ケアの楽さは“感動シリーズ”と同様だ。一方で、例えばタックパンツのワイドなシルエットはユニクロの通常ライン商品にはほぼないもの。「どの商品もユニクロの定番アイテムをベースとしつつ、コラボならではのデザインに仕上がっている」(コラボを指揮する勝田幸宏ファーストリテイリンググループ執行役員ユニクロR&D統括責任者のコメント)点が特徴という。

 フルラインアップは国内ではユニクロ123店と公式ECでの扱いになるが、全店で販売する商品もある。全店展開する注力商品は、ウィメンズはSNS上でも人気のノースリーブブラウス4色、バルーンスカートのネイビー、ボーダー柄のカットソードレス2色、メンズは開襟シャツ(無地2色、大花柄2色)、ポケッタブルパーカ(カラーブロック2色、チェック柄2色)、ショーツ4色、ソックス5色。

 コロナ禍で自宅用やワンマイル向けのベーシックウエアが売れた時期が長いが、ここに来て外出機会も徐々に増え、ファッションにも楽しさや華やかさを求めるムードが少しずつ戻ってきている。「自分の部屋にアートを飾る感覚で、色柄豊かな今コレクションを楽しんでほしい」と勝田R&D統括責任者はコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

アパレルは値上げする?しない? 全方位コストアップの中で有力企業の対応は?

5月16日発売の「WWDJAPAN」は、「アパレルは値上げする?しない?」にフォーカスします。すでに食品や外食、電気代などでは値上げラッシュが続いていますが、アパレル製品でも素材価格の上昇や物流費の高騰と混乱、さらには大半を輸入に頼る中での円の急落によってコストアップ圧力が大変高まっています。

詳細/購入はこちら