ファッション

「トリンプ」が掲げる新スローガン“ここちいい=解放、自由、自信”を体感するイベントを開催

 トリンプ・インターナショナル・ジャパンは、4月に都内スタジオで「トリンプ(TRIUMPH)」の新たなスローガン“ここちいい、私でいく。”のイベントを開催した。“ここちいい=解放、自由、自信”といったメッセージを掲げた背景には、コロナ禍で変化する世の中と女性の嗜好がある。「トリンプ」として何ができるか考えてたどり着いたのが、“ランジェリーを通して一人一人のコンフォートを提供する”ということだった。ノンワイヤーが心地よいと思う女性もいれば、シャキッとする着用感のブラジャーを好む女性もいる。“楽な着けご心地”=コンフォートではなく、一人一人違うコンフォートの定義があると考えた結果だ。

 都内の隠れ家的な会場は、サロンのような雰囲気で「トリンプ」の新作“天使のブラ スリムライン 極上ライト”が展示され、同ブランドのフィッターによるフィッティングサービスが行われた。また、“コンフォート”体験の一環として、台湾発の漢方ライフスタイルブランドの「デイリリー(DAYLILY)」とコラボレーションし、誕生日から古代中国の思想で万物を変化させる木、火、土、金、水の五つの元素である五行を導き出し、体質に合った薬膳茶を提案するワークショップを開催。来場者は、薬膳茶を味わったり、フィッティングで新作を試したり優雅なひとときを楽しんだ。

 「トリンプ」は3月、直営店ブランド「アモスタイル バイ トリンプ(AMOSTYLE BY TRIUMPH)」による新キャンペーン“カワイイを、攻めていく。”をスタートしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら