ファッション

「トミー ヒルフィガー」が「サステナブルな未来のため」歌手ショーン・メンデスとパートナーシップ ツアーに100万ドルを寄付

 「トミー ヒルフィガー(TOMMY HILFIGER)」は、カナダ人シンガーソングライターのショーン・メンデス(Shawn Mendes)とパートナーシップを締結した。

 第1弾として両者は、サステナブルな素材を使った2022年夏のグローバルキャンペーン“CLASSICS REBORN”を5月16日にローンチする。メンデスは同キャンペーンにおいて、オーガニックコットン製のポロシャツとリサイクルコットンを20%使用し、水とエネルギーの使用量を抑えたジーンズを着用する。

 またメンデスはワールドツアー「WONDER」で「ショーごとに排出するCO2を50%削減する」と言い、「トミー ヒルフィガー」はその実現のために100万ドル(約1億3000万円)を寄付する。メンデスはツアーで、「トミー ヒルフィガー」のアーカイブや残反を再利用したカスタムメードの衣装を着用する。

 さらに両者は、23年春にカプセルコレクションを共同製作する。

 デザイナーのトミー・ヒルフィガーはメンデスについて、「優れたミュージシャンであり、アクションを起こす必要性を理解した新世代の代表だ。ショーンと力を合わせることで、サステナビリティを次のレベルに進めることができる」と話し、メンデスは「ファンの皆とわれわれの“旅”をシェアできることをうれしく思う。誰もがサステナブルな未来を作るための役割を担っており、自分に何ができるかを共に学ぶことが重要だ」と述べる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

アパレルは値上げする?しない? 全方位コストアップの中で有力企業の対応は?

5月16日発売の「WWDJAPAN」は、「アパレルは値上げする?しない?」にフォーカスします。すでに食品や外食、電気代などでは値上げラッシュが続いていますが、アパレル製品でも素材価格の上昇や物流費の高騰と混乱、さらには大半を輸入に頼る中での円の急落によってコストアップ圧力が大変高まっています。

詳細/購入はこちら