ファッション

「トミー ヒルフィガー」 × 「ティンバーランド」第2弾はさらにサステナブルに進化

 「トミー ヒルフィガー(TOMMY HILFIGER)」はこのほど、「ティンバーランド(TIMBERLAND)」とコラボレーションしたコレクション第2弾を発売した。両ブランドの公式ECサイトのほか、「トミー ヒルフィガー」表参道店、「ティンバーランド」伊勢丹新宿本店、ゾゾタウンなどでも取り扱う。

 両ブランドの1990年代のデザインに着想した第1弾に対し、第2弾では生産プロセスや素材を見直し、さらにサステナブルなアイテムを目指した。防水透湿性素材「ゴアテックス(GORE-TEX)」を使用したジャケット(税込12万1000円)や、ロゴTシャツワンピース(同1万8700円)、フラッグTシャツ(同1万2100円)、ハイカーブーツ(同3万5200円)など、ウィメンズとメンズの計36型のアイテムをそろえた。

 トミー・ヒルフィガーは「私たちは、デザインのさまざまな要素を見て、『どうすればもっと良くできるか』を考えました。コレクション全体は前を向いて、次の世代のために見たい未来を形作るためのものです」とコメント。ティンバーランドのクリストファー・レイバーン(Christopher Raeburn)グローバル・クリエイティブ・ディレクターは「私たちは、エコイノベーションへの注力を強化することで、アイコニックなアーカイブ作品の限界を超えたいと考えました」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら