ファッション

ラシード・ジョンソンの展覧会がエスパス ルイ・ヴィトン東京で開催 「プラトー」を日本初公開

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」表参道店7階の「エスパス ルイ・ヴィトン東京」で、アメリカ人アーティストのラシード・ジョンソン(Rashid Johnson)による「プラトー(Plateaus)」(2014年)を日本で初めて紹介する展覧会を開催中だ。入場無料で、会期は9月25日まで。

 ラシード・ジョンソンは、1977年シカゴ生まれ。シカゴ美術館附属美術大学で写真を学び、2001年に初の写真作品シリーズがポスト公民権運動世代“ポスト・ブラック”の一翼を担うものとして、アメリカで評判を得た。2006年にニューヨークへと移り、彫刻、絵画、ドローイング、映画、パフォーマンス、インスタレーションと多様な活動を行なっている。

 同展は、フォンダシオン ルイ・ヴィトンが所蔵するコレクションを紹介する「Hors-les-murs(壁を超えて)」プログラムの一環として企画したもの。プログラムは東京のほか、ミュンヘン、ヴェネチア、北京、ソウル、大阪のエスパス ルイ・ヴィトンでも実施している。

■「Plateaus」展
会期:〜9月25日
場所:エスパス ルイ・ヴィトン東京(東京都渋谷区神宮前5-7-5 ルイ・ヴィトン表参道ビル 7階)
開館時間:11:00~19:00(休館日はルイ・ヴィトン 表参道店に準ずる)

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら