ファッション

「ルイ・ヴィトン」からヴァージルが手掛けた初のドライビングシューズ 鮮やかなソールが特徴

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は、故ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)=メンズ アーティスティック・ディレクターが手掛けた初のドライビングシューズ“LVドライバー・ライン ローファー”を発売した。カラーは7色で、価格は税込11万1100〜11万5500円。

 モカシンタイプの新作は、鮮やかなカラーのソールが特徴で、アイコンの“モノグラフ・モチーフ”を施したスエードカーフレザーとグレインカーフレザーの2タイプを用意した。軽くしなやかな履き心地を実現するチューブラー製法を採用し、ヴァンプ部分は1時間以上かけて手作業で仕上げているという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら