ファッション

2022年ウールマーク・プライズ、大賞はイギリスを拠点とする「サウル ナッシュ」

 若手デザイナーの登竜門「2022 インターナショナル・ウールマーク・プライズ(2022 INTERNATIONAL WOOLMARK PRIZE 以下、IWP)」の受賞者が26日、ロンドンで発表された。

 大賞に輝いたのは、ガイアナ系イギリス人のサウル・ナッシュ(Saul Nash)による「サウル ナッシュ」。受賞に際して20万豪ドル(約1800万円)の賞金のほか、ビジネス運営に関するメンターシップやIWPのリテールパートナーである小売店で販売する機会が授与される。ダンサーとしての経歴も持つナッシュは、「ヒップホップバトルにも出場してきたので、落選することには慣れているが、自分のしてきたことが認められて光栄だ」と述べた。

 故カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)を讃えて20年に設立されたイノベーション部門のカール・ラガーフェルド・アワード(KARL LAGERFELD AWARD)には、「ムソマックスウェル(MMUSOMAXWELL)」が選出された。ブランドを手掛けるデザイナーデュオのマックスウェル・ボコ(Maxwell Boko)とムソ・ポッツェーン(Mmuso Potsane)には、10万豪ドル(約900万円)が贈られる。

 IWPを主催するザ・ウールマーク・カンパニー(THE WOOLMARK COMPANY)は、非営利団体オーストラリアン・ウール・イノベーション(AUSTRALIAN WOOL INNOVATION)の傘下。資金協力している約6万の牧羊業者を代表して、オーストラリア産ウールの研究開発やマーケティングを行い、世界的なサプライチェーンをサポートしている。ファイナリストに選出された7組は、2022-23年秋冬コレクション向けのメリノウールコレクションを披露して審査にのぞんだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。