ファッション

ヴィクトリア・ベッカムとザ・ウールマーク・カンパニーがトレーサブルなニットコレクション

 「ヴィクトリア ベッカム(VICTORIA BECKHAM)」は、ザ・ウールマーク・カンパニーとコラボし、トレーサビリティーを担保したメリノウールのニットコレクションを発表した。日本ではバーニーズ ニューヨーク(BARNEYS NEW YORK)で11月中旬に発売予定。

 コレクションは同系色のポロシャツやクルーネックセーター、Vネックカーディガン、スカーフ、帽子などのウィメンズウエア20点とキッズウエア14点で構成する。使用したノンミュールジングのメリノウールは、オーストラリアの牧羊業者まで完全に追跡が可能だ。ザ・ウールマーク・カンパニー独自の植物由来の染め技法を採用し、化学薬品を使用せずに鮮やかなカラーブロッキングを実現した。ラベルは再生ポリエステル、パッケージは生分解性のポリバッグを使用した。価格帯はウィメンズが370〜845ドル(約4万2000〜9万6000円)、キッズが240〜255ドル(約2万7000〜2万9000円)。

 デザイナーのヴィクトリア ベッカムとザ・ウールマーク・カンパニーの関係は長く、ベッカムは過去にザ・ウールマーク・カンパニーが主催する「インターナショナル・ウールマーク・プライズ(INTERNATIONAL WOOLMARK PRIZE)」の審査員を3年間務めている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。