ファッション

「ブルガリ」が「カサブランカ」とコラボ “テニス”と“モザイクアート”2つのテーマで7つのバッグを発売

 「ブルガリ(BVLGARI)」は2017年にスタートしたコラボレーションコレクション“セルペンティ スルー ジ アイズ オブ(SERPENTI THROUGH THE EYES OF)”において、パリのメンズブランド「カサブランカ(CASABLANCA)」とコラボレーションした。「ブルガリ」のアイコンである“セルペンティ”をモチーフに、“スポーツ”と“芸術的な伝統”の2つテーマで構成した7つのバッグを販売する。価格は税込18万8100〜37万7300円。発売もテーマごと4月と5月に分ける。

 シャラフ・タジェル(Charaf Tajer)「カサブランカ」クリエイティブ・ディレクターは今回のコラボレーションについて、「遊び心を発揮しながら、現代的なやり方で『ブルガリ』のデザインコードの美しさをあらためて表現したかった」と話す。

 “スポーツ”はクラシックなテニススタイルに影響を受けたもので、白のパンチングレザーにグリーンでアクセントを加えた。木製ハンドルやゴールドカラーの金具のユニークな組み合わせなどに、タジェル クリエイティブ・ディレクターの言う「遊び心」が表れる。なお、木製ハンドルは取り外し可能で、付属のレザーストラップに付け替えて斜め掛けすることもできる。

 “芸術的な伝統”は、カーフレザーのボディーへの鮮やかで大胆なプリントが特徴だ。「ブルガリ」の故郷ローマに多いモザイクアートに着想を得たもので、そこに「カサブランカ」らしく「バカンス気分をミックスした」という。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。