ビューティ

伊勢丹メンズが2月16日、1階のコスメとプロモーションスペースを拡大リニューアル

 伊勢丹新宿本店メンズ館は2月16日、1階のコスメとプロモーションスペースを拡大リニューアルする。特にコスメは売り場面積を約2倍にし、日本初上陸を含む24ブランドを加えた約65ブランドをラインアップする。また“トライアルスペース”ではブランドを横断して気軽にコスメ体験ができ、“AIミラー”による肌測定サービスも導⼊する。同店は、「これまで百貨店と接点の少なかった若年層も取り込みたい」と話す。

 コスメでは、肌に悩みを持つ客やナチュラル志向の客に向けてトータルアウトサイドケアの強化を図る。ニーズが⾼まるビューティーケア、メイクアップも充実させ、美容機器の扱いも開始する。昨年メンズ館でも開催した、三越伊勢丹グループ主催の国内最大規模の香りの祭典「サロン ド パルファン」の反響を受けて、フレグランスブランドも一同にそろえる。またホームリラクシングコーナーも新設し、サプリやCBD(カンナビジオール)商品などのインナーサポート、ヘアケア、ボディーケアカテゴリーも並べる。

 主な新規取り扱いブランドとして、美容機器分野ではEMS美顔器“フェイスプレイヤー(FACE PLAYER)”などを手掛ける「コアフィット(CORE FIT)」や、パーソナルフェイシャルトレーニングデバイス“エグジィオム(EXZ HOMME)”の「アーティスティックアンドシーオー(ARTISTIC&CO.)」。スキンケア分野では「アスレティア(ATHLETIA)」や「タンビ(TANVI)」。フレグランスでは「メゾン マルジェラ フレグランス(MAISON MARGIELA FRAGRANCES)」や、⽇本初上陸のフランスブランド「マリージャンヌ(MARIE JEANNE)」。ヘアケアでは、メード・イン・ジャパンシリーズも展開する「イイスタンダード(E STANDARD)」や「アヴェダ(AVEDA)」。インナーサポート分野では、CBD業界のパイオニア的存在であるデンマークブランド「エンドカ(ENDOCA)」と、アメリカ発祥の「エリクシノール(ELIXINOL)」。ボディケアでは、「シャクダ(SHAQUDA)」「ヴァイタルマテリアル(VITAL MATERIAL)」がある。

“つながり”をテーマに、新たな発⾒を⽣み出すプロモーションスペース

 1階中央のプロモーションスペースでは、「さまざまな価値をポップアップ形式で提案する」。また、同スペース内に「オールグッドフラワーズ(ALL GOOD FLOWERS)」とコラボしたフラワーショップもオープンする。担当者は「男性にも花を通して⼼を豊かにしてほしい。ファッションを楽しむように花も楽しんでほしい」と話す。

 さらにプロモーションスペースでは2⽉16⽇から、⽇本最⼤級のビンテージECモール「VCM」によるイベントも行う。国内のビンテージショップ約10店舗が集まり、世界中の希少価値の⾼いデザイナーズチェアやラグ、ポスターからジュエリーまでをラインアップする。

■VCM LIFESTYLE COLLECTION
日程:2⽉16⽇〜3⽉1⽇
場所:伊勢丹新宿本店メンズ館1階 プロモーションスペース
住所:東京都新宿区新宿3-14-1