ファッション

古着ビジネスのもう一つの川上“ウエス屋”を取材して考えさせられたこと

有料会員限定記事

 古着小売にとって、国内の仕入れ先には大きく“古着卸(古着問屋)”と“ウエス屋(ボロ屋)”がある。古着卸については以前取材した「鈴可」分を参照いただきたいが、今回は横浜にある1970年創業のウエス屋、桑宏商店を取材した。

WWD:桑宏商店の事業について聞きたい。

桑原洋介 桑宏商店 専務(以下、桑原):主なビジネスは、機械油などの汚れを拭き取るための布“ウエス”の製造・販売です。これが売上ベースで全体の6割ほど、さらに古着卸が1割ほど、日本国内では流通させづらい中古衣料の輸出が3割ほどです。

WWD:ウエスの原料となるのは、家庭から出される衣料ごみ?

桑原:はい。当社では、横浜市と川崎市の回収業者から原料を買っています。

WWD:「鈴可」は市と契約していたが、さまざまな形態がある?

桑原:そうですね。市町村ごとに異なると思います。

WWD:買った衣料ごみをどうする?

この続きを読むには…
残り1450⽂字, 画像13枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら