ファッション

進撃の「古着屋ジャム」が1号店を閉店 26時間イベントに密着!

 今年5月に原宿、9月に福岡とそれぞれエリア最大級の古着店を出店し、4月に京都、7月には広島、来年1月には東北エリア初の店舗を仙台にと出店を続ける「古着屋ジャム」が、1号店である大阪・桃谷店をビルの老朽化のため11月14日に閉店した。同店ではこれに合わせて、26時間イベントを開催。「WWDJAPAN」編集部も密着した。

11月12日(金)18:00PM
 “フリーマーケット”

 キックオフは11月12日(金)の18時。この日は通常営業をしなかったのだが、すでに入り口には行列ができている。彼らの目当ては、税込1000~3000円に値付けされた“フリーマーケット”の商品だ。「一律60~70%オフ」(桃谷店店長)だという。まずはお客さんも巻き込み、全スタッフで集合写真を撮らせてもらった。左手は、古着屋ジャムの頭文字を表した“Jポーズ”だ。

11月12日(金)18:00PM 
“卒業生”によるポップアップ&歴代店長私物フリマ

 同じく初日18時にスタートしたのが、古着屋ジャムの“卒業生”によるポップアップと歴代店長の私物フリマだ。ポップアップに出店したのは、大阪・南堀江の「ソウルズ」、茨木の「アント」、芦原橋の「エクストラオーバー」の3店舗。

11月12日(金)22:00PM
じゃんけん大会

 26時間イベントのクライマックスは、全国の古着屋ジャム&公式ECで使える最大5000ポイント(5000円相当)をプレゼントするじゃんけん大会だ。弁の立つスタッフらによる大阪らしい掛け合いもあり、おおいに盛り上がった!これに先立って20時からはソフトドリンクなどを無料で配り、じゃんけん大会終了後の23時半からは“フリーマーケット”を含む全商品をさらに20%(ビンテージは10%)値下げする初日最後のイベント“ミッドナイトセール”が行われた。

11月13日(土)7:00AM
モーニングジャム

 イベント2日目の朝は、“卒業生”らが12月に大阪・東住吉にオープンするカフェ「ルーフ」のケータリングでスタート。モーニング娘。のデビュー曲「モーニングコーヒー」の衣装を模したスタッフが、カフェラテ(税込450円)やスコーン(250円)を提供した。また、ポストイットに閉店する桃谷店へのメッセージを書いて貼る“サブウェイセラピー”も実施し、子連れ客などを中心に多くの思いが寄せられた。

イベント取材の合間に来場者スナップも実施

 桃谷駅周辺には古着屋ジャム以外にファッション系ショップはなく、つまり来場者の目的はほぼ100%古着屋ジャムであり、その分“ジャム愛”にあふれた人が多かった。加えて、礼儀正しいスタッフに呼応するように、とてもあたたかいお客さんが印象的だった。

「古着屋ジャムの歩みはまだまだ止まらない!」

 古着屋ジャムの第一歩といえる桃谷店は10年間におよぶ営業を終了したが、同店の歩みは止まらない。福嶋政憲社長は、「2022年1月2日に仙台店を出店する。東北エリアへの進出は初めてだ」と話す。続けて、「今年原宿に出店したばかりだが、“古着の街”下北沢でも物件を探している」と東京でのさらなる出店についても述べた。

11月13日(土)20:00PM
フィナーレ

 実は翌14日(日)は“フツウ”に営業していたのだが、それはまたご愛嬌ということで……(笑)。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら