ファッション

古着「デザートスノー」が日本最大のショッピングセンターに出店

 同名の古着店などを運営するデザートスノー(東京、鈴木道雄社長)は11月6日、日本最大のショッピングセンターである埼玉県越谷市のイオンレイクタウンに「デザートスノー イオンレイクタウン店」をオープンする。同社によるSCへの出店は初。期間は2022年1月末までだ。

 鈴木社長は「デザートスノーの客単価は5000~6000円だが、幅広い年代のお客さまが来店するショッピングセンターを意識して、より安価な商品も用意する」と話し、税込1000円の古着を多数準備する。また、「今回の結果次第でSC戦略を強化し、アウトレット出店も実現したい」と言う。デザートスノーでは現在セールを行っていないが、アウトレットでは既存店の在庫を30~40%オフで販売することなどを考えている。

 デザートスノーは“古着の街”としてあらためて注目される東京・下北沢に12店舗を運営し、ブームをけん引する中心的存在だ。

■デザートスノー イオンレイクタウン店
オープン日:11月6日
時間:10:00~22:00
定休日:無休
住所:埼玉県越谷市レイクタウン3-1-1

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら