ファッション

ブームを支える「古着卸」とは? “川上”にある選別工場に潜入

有料会員限定記事

 古着にまつわる取材を進めるうちに、“川上”に興味を引かれるようになった。東京・下北沢で税込110円で古着を販売する「スティックアウト100」では、藤原輝敏社長に“古着卸”の存在について聞いた。しかし、ごみビジネスゆえのアンタッチャブルさもあってか、取材交渉は難航……。数社からお断りを受けたが、町田や下北沢に古着店「デザートスノー」を7店舗運営する「MIC(ミック)グループ」傘下の鈴可(鈴木道雄社長)に許可をもらい、神奈川県相模原市の選別工場を取材した。

WWD:古着が小売店舗に並ぶまでの流れを教えてほしい。

鈴木道雄鈴可社長(以下、鈴木):古着には海外と国内、大きく2通りの仕入れ先がありますが、鈴可は国内仕入れ専門です。80%が家庭ごみ、残りの20%をリサイクルショップから購入しています。家庭ごみは、行政(鈴可の場合は相模原市)に委託された産廃業者が回収しています。古着卸である鈴可は別途市と契約し、産廃業者から“原料”(衣料ごみ)を引き取ります。

WWD:その“原料”が、この小さなビニール袋に入った集合体である?

鈴木:そうです。家庭から出された、ごみのままの状態です。これをスタッフが1つずつ開封して選別します。

WWD:作業を見ていると1つのビニール袋の開封・選別はほんの数秒だが、品定めも同時に行っている?

この続きを読むには…
残り1567⽂字, 画像9枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら