ファッション

「Nº21」がLA発デニム「セブンフォーオールマンカインド」とコラボ 21周年記念で

 アレッサンドロ・デラクア(Alessandro Dell’Acqua)が手掛ける「ヌメロ ヴェントゥーノ(Nº21)」は、LA発のデニムブランド「セブンフォーオールマンカインド(7 FOR ALL MANKIND)」とコラボレーションし、デニムのカプセルコレクションを発表した。伊勢丹新宿店で12月3〜9日に先行販売し、三越伊勢丹オンラインで12月8日から、「ヌメロ ヴェントゥーノ」全店舗で12月10日から販売する。

 カプセルコレクションは、「ヌメロ ヴェントゥーノ」のブランド設立21周年を記念したもの。ジェンダーレスなアイテムをそろえ、脱構築的なシルエットが特徴だ。オーバーサイズシャツ(税込8万6900円)やクロップド丈のフーディー(同5万8300円)、ボリュームのあるケープ(同11万5500円)、ボウタイ付きブラウス(同5万8300円)、シフォンのトリムをあしらったペンシルスカート(同6万9300円)などを用意する。

 キャンペーンビジュアルは、“大胆さと個性を追求する”というコンセプトで、中性的なモデルをストリートキャスティングしたという。フォトグラファーのロビン・ガレグ(Robin Gallegue)とスタイリストのエロディ・デヴィッド=トゥブール(Elodie David-Touboul)が手掛けた。

 アレッサンドロ・デラクアは「『ヌメロ ヴェントゥーノ』の美意識と『セブンフォーオールマンカインド』のカリフォルニア的な雰囲気のコントラストが、この2つの異なる世界を完璧に調和させるパートナーシップの強みだ。機能性、ブランドヘリテージへの敬意、そして意外性のあるディテールが、このカプセルコレクションの特徴」とコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら