ビジネス

TSIが店舗でOMOの実験開始 ナノ・ユニバース3店舗で

 TSIホールディングスは、オンラインの顧客行動データと店舗在庫データを組み合わせたCX(顧客体験)の実証実験を開始した。CXプラットフォーム「カルテ(KARTE)」を運営するプレイド(東京、倉橋健太CEO)と協業し、傘下のナノ・ユニバースの3店舗にシステムを導入。実証実験を重ねたのち、新たな機能を加えつつ、店舗やブランドを広げる。

 25日からナノ・ユニバースのラゾーナ川崎プラザ店、ららぽーとTOKYO-BAY店、ららぽーと横浜店の3店舗で「顧客のタッチから始まる店舗体験」の実証実験を始めた。店舗の入り口にある機器に顧客がスマートフォンをかざすと、ナノ・ユニバースのアプリの閲覧履歴やお気に入りへの登録などをもとに、店舗で購入可能な商品のレコメンドを受けられる。

 TSIは2015年から「カルテ」を自社ECに導入し、利用者データに基づいてオンラインの中でCXを高めてきた。今回はそれをオフライン(リアル店舗)に拡張し、シームレスに行き来できるようにする。リアル店舗でも個人の好みにカスタマイズされた情報が提供され、販売員とのコミュニケーションを円滑にする。TSIホールディングスの執行役員デジタルビジネス部長の渡辺啓之氏は「店舗と販売員の価値に『オンラインならでは』の強みを付加する」と狙いを話す。

 ナノ・ユニバースは売上高に占めるEC化率が約50%と高い水準に達している。ECで見た商品を確認するためにリアル店舗を訪れる顧客が多い。ECと店舗をしっかりつなぐ導線を構築することで、より一体的なCXを提供できるようにする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。