ビジネス

TSIが店舗でOMOの実験開始 ナノ・ユニバース3店舗で

 TSIホールディングスは、オンラインの顧客行動データと店舗在庫データを組み合わせたCX(顧客体験)の実証実験を開始した。CXプラットフォーム「カルテ(KARTE)」を運営するプレイド(東京、倉橋健太CEO)と協業し、傘下のナノ・ユニバースの3店舗にシステムを導入。実証実験を重ねたのち、新たな機能を加えつつ、店舗やブランドを広げる。

 25日からナノ・ユニバースのラゾーナ川崎プラザ店、ららぽーとTOKYO-BAY店、ららぽーと横浜店の3店舗で「顧客のタッチから始まる店舗体験」の実証実験を始めた。店舗の入り口にある機器に顧客がスマートフォンをかざすと、ナノ・ユニバースのアプリの閲覧履歴やお気に入りへの登録などをもとに、店舗で購入可能な商品のレコメンドを受けられる。

 TSIは2015年から「カルテ」を自社ECに導入し、利用者データに基づいてオンラインの中でCXを高めてきた。今回はそれをオフライン(リアル店舗)に拡張し、シームレスに行き来できるようにする。リアル店舗でも個人の好みにカスタマイズされた情報が提供され、販売員とのコミュニケーションを円滑にする。TSIホールディングスの執行役員デジタルビジネス部長の渡辺啓之氏は「店舗と販売員の価値に『オンラインならでは』の強みを付加する」と狙いを話す。

 ナノ・ユニバースは売上高に占めるEC化率が約50%と高い水準に達している。ECで見た商品を確認するためにリアル店舗を訪れる顧客が多い。ECと店舗をしっかりつなぐ導線を構築することで、より一体的なCXを提供できるようにする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら