ファッション

ナノ・ユニバースが平井大、「ライトニングボルト」とコラボ Tシャツと非売品CDのセットを「グリーンルーム」で初披露

 ナノ・ユニバースは、シンガーソングライターの平井大とハワイ発のサーフブランド「ライトニングボルト(LIGHTNING BOLT)」のコラボレーション企画をスタートする。第1弾のTシャツとCDのセットを、5月22、23日に横浜赤レンガ倉庫で開催される「グリーンルーム フェスティバル2021(GREENROOM FESTIVAL'21)」のナノ・ユニバースブースで先行発売する。

 サーフミュージックを軸に活動する平井大は、オーガニックなライフスタイルと、ウクレレ&アコースティックギターで奏でるサウンド、聴き手の人生に深く寄り添う楽曲が若者を中心に人気を集めている。現在“Sunday Goods”をテーマに、3週間に一度のペースでデジタルシングルを配信中。「ライトニングボルト」は1960年代にハワイのレジェンドサーファー、ジェリー・ロペス(Gerry Lopez)らが、彼らのシンボルマークとして“稲妻マーク”をサーフボードなどに使い始めたことがきっかけで、1971年に誕生した。ハリウッド映画「ビッグ・ウェンズデー(BIG WEDNESDAY)」の公開を契機に世界的に知名度が広がった老舗サーフブランドだ。

 Tシャツには、平井の4月配信のシングル「honey, don’t you worry」のアートワークと平井本人が書いたロゴとメッセージをプリントする。ボディはオーガニックコットン仕様。このTシャツと「honey, don’t you worry」のEP盤7インチ紙ジャケットCD(非売品)がセットになっており、数量限定で会場に並べる。価格は6000円(税込み)。

 今後はナノ・ユニバースの店舗でも販売予定。三者による第2弾、第3弾コラボ企画も順次発表していくという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら