ファッション

「ルイ・ヴィトン」が世界9都市をイメージしたメンズのベルト “TOKYO”デザインも

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は、世界9都市から着想を得たデザインのベルトのカプセルコレクションを渋谷メンズ店と松屋銀座店で11月25日に先行発売した。

 ベルトはメンズ アーティスティック・ディレクターのヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)が手掛けており、2021-22年秋冬メンズ・コレクションのランウエイに登場した“サンチュール・LVイニシャル 40MMピラミッド”を再解釈している。“LV”ロゴのバックルと、定番の“モノグラム・キャンバス”とカーフスキンのコンビネーションで、リバーシブルで使用可能だ。ニューヨークやシカゴ、香港、ロンドン、パリ、バンコク、ソウル、北京、そして東京の9都市をイメージし、それぞれ異なるカラーリングで表現した。

 日本では、ブルー×グリーンの“TOKYO”、ピンク×ブルーの“PARIS”、オレンジ×グリーンの“CHICAGO”の3種類を取り扱う。価格はそれぞれ税込10万7800円。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら