ファッション

「ルイ・ヴィトン」 渋谷メンズ店に巨大タイガー&ドラゴン現る NIGO®コラボ第2弾発売に合わせて

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は、NIGO®と協業した“ルイ・ヴィトン LVスクエアード コレクション”第2弾の発売に合わせて、東京・神宮前のルイ・ヴィトン 渋谷メンズ店でポップアップショップを10月21日から11月中旬まで開く。20日には、コレクションの世界観を再現した1階と2階を関係者に公開した。

 ファサードには、コレクションを象徴するモチーフの一つである巨大なドラゴンの胴体を描き、正面のウインドーに設置したドラゴンの頭へとつながる。頭部にはヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)=メンズ アーティスティック・ディレクターの“A”と、NIGO®の“N”の文字が隠されており、同コレクションらしい遊び心も店内に散りばめた。

タイガーが出迎える1階

 ドラゴン仕様のエントランスをくぐると出迎えるのは、入り口付近から店内奥まで続く巨大なタイガーのマットだ。壁面にはダックやタイガー、ハートのモチーフをふんだんに使用したキャッチーなバッグやシューズなどが並ぶ。商品を置く赤い什器も“L”と“V”の文字をデフォルメした形状で、コレクションに合わせたポップな仕掛けが満載だ。

2匹のドラゴンが舞う2階

 抽選で入場が可能な2階は、フロアを舞う2匹のドラゴンが主役。壁面は赤と白のダミエ・パターン仕様で、壁に沿って流線を描くドラゴンの胴体がそのまま什器になっている。胴体をたどって奥に進むと、それぞれに“A”と“N”を描いた2匹の頭が向かい合う。

 “ルイ・ヴィトン LVスクエアード コレクション”第2弾に合わせたポップアップは世界10都市で開催し、壁面やフロアを彩るパープルカラーは東京のイメージに合わせた限定色だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら