ビジネス

ビジネスの世界はいまだ男性が中心? 「ネッタポルテ」共同設立者が語る女性の起業家や投資家のハードルとは

有料会員限定記事

 ベネズエラにルーツを持つ起業家兼投資家のカルメン・バスケッツ(Carmen Busquets)が、自身の体験を基にビジネス世界における男女の機会の不均等について語る。

 バスケッツは、コンパニー フィナンシエール リシュモン(COMPAGNIE FINANCIERE RICHEMONT)が擁する大手ファッションECサイト「ネッタポルテ(NET-A-PORTER)」の共同設立者。ファーフェッチ(FARFETCH)やモーダ・オペランディ(MODA OPERANDI)、ファッションECの検索プラットフォーム、リスト(LYST)など、ラグジュアリーファッションにおけるEコマースの可能性にいち早く目を付けて投資したビジネスセンスを持つ。起業家としても、マイアミ大学在学中の1990年代にベネズエラの首都、カラカスにラグジュアリーファッションを扱うセレクトショップ、カバス(CABUS)を立ち上げた。

 リスクを冒して起業することや利益を追求すること、互いを尊重しあって事業を運営することに情熱を持つ同氏だが、女性の場合、ビジネス界で成功するのは容易ではないという。投資や起業に精通していても、出席者の大半を男性が占めるビジネスミーティングや投資家との会合でフラットに議論することは難しく、男性の投資家や起業家よりも資金調達や事業の売却先を探すのに苦労することが多いと話す。こうしたことから、ビジネスにおける“買収力”や“資本力”に圧倒的な差がついてしまうのだ。一口に女性といってもさまざまな社会的要因やバックグラウンドで経験は異なるが、ここではバスケッツ自身が女性として直面した課題や実態について語る。

WWD:ビジネスを運営している女性が感じるハードルにはどのようなものがある?

この続きを読むには…
残り2944⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら