ファッション

「バレンシアガ」 × 「グッチ」が発売 “ダブルB”のモノグラム付きジャケットやバッグなど

 「バレンシアガ(BALENCIAGA)」は、2022年春コレクションで発表した“ザ ハッカー プロジェクト(THE HACKER PROJECT)”シリーズを「バレンシアガ」青山店や松屋銀座店などで11月15日から順次発売する。伊勢丹新宿本店では、ポップアップストアを17日からオープンする。

 アイテムは、「グッチ(GUCCI)」のアイコニックなモノグラムを「バレンシアガ」の“ダブルB”ロゴに置き換えたショルダージップバッグ(税込13万4200円)や、ホーボーバッグ(同26万4000円)、カメラバッグ(同12万4300円)のほか、コンチネンタル ウォレット(同10万100円)、カードケースウォレット(同5万9400円)、キャップ(同5万2800円)、スカーフ(同6万9300円)、ソックス(同2万5300円)などをそろえる。なおポップアップストアや一部店舗の限定アイテムとして、“THIS IS NOT A GUCCI BAG”と描いたトートバッグ(同29万7000円)や、“ダブルB”のモノグラムのパファージャケット(同39万8200円)を販売する。カラーは両アイテム共にブラックとベージュの2色を扱う。一部店舗の商品購入者には、“ダブルB”モノグラムの限定ショッピングバッグに現地アーティストのハンドタグを施す。

 ポップアップストアは、ロゴが付いたカーペットやベルベットのステージカーテン、風化したメタルで内装を彩り、ストアウインドーには“GUCCI”のグラフィティを採用してシリーズの世界観を表現した。

■「バレンシアガ」ポップアップストア
開催日:11月17〜23日
場所:伊勢丹新宿本店 本館1階 ザ・ステージ
住所:新宿区新宿3-14-1

ポップアップ・ポップインの入店方法に関しましては、バレンシアガ クライアントサービスへお問い合わせくださいませ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら