ファッション

「OAO」のファーストモデルがサステナブルに進化 コーティング加工サービスも開始

 エポック(EPOQ)が手掛けるフットウエアブランド「オーエーオー(OAO)」は、既存モデル“ザ カーブ ワン(THE CURVE 1)”の新モデルを発売した。ホワイトとブラックの2色で、いずれも税込2万8600円。公式オンラインストアで販売している。

 “ザ カーブ ワン”はブランド設立後最初に発表したモデル。故ザハ・ハディド(Zaha Hadid)が東京オリンピック・パラリンピックのために提案した、新国立競技場の設計案から着想を得たシューズで、複雑に絡み合うアウトソールの曲線と、ビブラム社製のボリュームのあるソールが特徴だ。新作では、オランダが拠点のエコーレザーが開発したレザーをアッパーに採用。原皮が持つ水分を最大限に活用し、なめし工程で使う水を皮1枚につき約20リットル削減したほか、食用牛の皮のみを使用して環境負荷を抑える。また、はき口をやや大きめに設定して着脱性を高め、インソールのクッション性も向上させている。さらに、水と油汚れを弾くコーティング加工サービスも開始する。

 「オーエーオー」は“クリエイターのためのフットウエア”をコンセプトに2019年に設立。建築家や音楽アーティスト、フォトグラファーらの作品や作風をテーマに商品をデザインするのが特徴だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら