ファッション

クリエイター向けのスニーカーのD2Cブランドが新たに始動 アーティストとコラボした先行受注会も

 ファッション系スタートアップのエポック(EPOQ)は、ライフスタイルスニーカーのD2Cブランド「OAO」を発表した。2020年初旬にブランド初のシューズとなる“ザ カーブ1(THE CURVE1)”の発売を予定しており、12月14日には30足限定で同モデルの先行受注販売を行う一般参加型のイベントを東京・渋谷のESギャラリーで開催する。イベントではステンシルアーティストとして活動する守矢努がカスタム加工した“ザ カーブ1”を限定20足で受注販売するほか、ライブペイントや作品展示も実施する。

 「OAO」は“クリエイターのためのフットウエア”をコンセプトに、建築家や音楽アーティスト、フォトグラファーらの作品や作風をテーマに商品をデザイン。“ザ カーブ1”は女性建築家ザハ・ハディド(Zaha Hadid)の建築に見られる複雑な曲線や、近代的なイメージを与える質感をデザインに取り入れたという。

 EPOQを立ち上げた板垣孝明CEOは、「スニーカーの市場では大手スポーツメーカーのイメージが強いが、当社としてはカルチャーやアートなどの業界の方々をターゲットにしている。知名度の有無ではなく、ブランドの世界観とストーリーにハマるクリエイターの方とコラボレーションし、一緒に商品を作ったり、イベントを開催したりすることでまずはブランディングを測る。ゆくゆくはD2Cブランドの強みである、データの取得や分析、需要予測などを活用して運営していくつもりだ」。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら