ビジネス

大丸松坂屋、タワーマンション住民に「外商サービス」

 大丸松坂屋百貨店は、大阪市で開発中のタワーマンションの住民向けに外商サービスを提供する。個人消費が低迷する中でも旺盛な消費意欲を持つ富裕層に狙いを定め、百貨店と接点が少なかった新しい世代を取り込む。特定のマンションおよび契約者全体をサービス対象とするのは同社にとって初めて。

 東急不動産、大和ハウス工業、住友商事、コスモスイニシアの4社が大阪市中央区南本町で開発する43階建てのタワーマンション「ブランズタワー大阪本町」の契約者302戸が対象。このマンションは2023年11月に竣工し、24年3月の引き渡しを予定している。

 マンションの購入者は「大丸松坂屋お得意様ゴールドカード」に入会することで、徒歩15分の場所にある大丸心斎橋店の外商サービスを受けることができる。同店で買い物をした品物はマンションまで届けられる。大丸松坂屋のグループ会社が、コンシェルジュサービスおよびマンションの最上階にあるカフェやバーを運営する。マンションの共用部では催事なども開く。