ファッション

大丸東京店に“売らない”店 新進D2Cの見本商品を陳列

 大丸松坂屋百貨店は、D2Cブランドのショールーミングストア「明日見世(ASUMISE)」を10月6日、大丸東京店4階にオープンする。

 4階は婦人服フロアで、ストアの場所はエスカレーター横のイベントスペース。面積は約100平方メートル。ファッションやビューティ、ライフスタイル雑貨やフードなど、商品カテゴリーの枠を超えて新進のブランドを取りそろえる。大丸松坂屋百貨店の社員が常駐し、「アンバサダー」としてそれぞれのブランドや商品の魅力を説明する。客は欲しい商品があれば、見本商品に付帯するQRコードを読み取り、ブランドのECページで購入する。その場で購入して持ち帰ることはできない。大丸松坂屋側は在庫を持たず、ブランド側から一定の出展料を徴収する仕組み。

 ショールーミングストアは数カ月のスパンでテーマを変え、ブランドも入れ替える。第1回(10月6日〜2022年1月11日)は“社会を良くするめぐりとであう”をテーマに、生分解性素材やオーガニック原料を使用したブランドに焦点を当てる。ファッションでは日本環境設計の「ブリング(BRING)」などが出展。ビューティでは出雲近郊のナチュラルな原料を使用した「アンディズモ(ANDIZUMO)」や国産自然農栽培コスメの「クオン(QUON)」、ライフスタイル雑貨ではオーガニックコットンを使用した大阪・泉州のタオルブランド「ティティ(TITI)」など。計19ブランドが見本商品を並べる。

 今後は大丸東京店での成果検証などを踏まえ、「他店での展開も検討する」(大丸松坂屋百貨店広報)としている。

 なお今月2日には、そごう・西武がD2Cブランドの売り場「チューズベース シブヤ(CHOOSEBASE SHIBUYA)」を西武渋谷店にオープン。大手百貨店各社は、従来の消化仕入れ型のビジネスモデルに替わる新たな売り場の形態を模索し始めている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら