ファッション

TOKYO BASEの大人向け新業態「ザ トウキョウ」 9月18日、丸の内に1号店オープン

 「ステュディオス(STUDIOUS)」を運営するTOKYO BASEは9月18日、40〜50代などの大人世代に向けた新業態のセレクトショップ「ザ トウキョウ(THE TOKYO)」を、東京・丸の内にオープンする。“セレクト型コミュニティーストア”をうたい、予約優先で営業。大きなソファーを置いたラウンジを設け、ゆったり買い物を楽しめるようにする。今後、コミュニティー会員限定の商品やイベント、サービスも企画していくという。今秋は、東京・六本木の東京ミッドタウンにも同業態を出店予定だ。

 店舗は新東京ビル1階の仲通り沿い。同ビルには「エルメス(HERMES)」も店を構える。売り場面積は約330平方メートル。内装はGLAMOROUS代表の森田恭通が手掛けた。

 「ステュディオス」と同様、日本のデザイナーブランドを取り扱う。ウィメンズはエレガント、ラグジュアリー、オーセンティックをキーワードに、「フミカウチダ(FUMIKA UCHIDA)」「マディソンブルー(MADISON BLUE)」「チカキサダ(CHIKA KISADA)」「アンスクリア(INSCRIRE)」、ジュエリーの「ミオハルタカ(MIO HARUTAKA)」など。メンズは「アンダーカバー(UNDERCOVER)」「ヨウジヤマモト(YOHJI YAMAMOTO)」など。カスタムスニーカーやカスタムウオッチも常時そろえるという。

 また、デザイナーとTOKYO BASEとで企画する、日本製アイテムのプロジェクト「ザ パーマネント アイ(THE PERMANENT EYE)」も立ち上げる。オープン時は、「ティーエイチプロダクツ(TH PRODUCTS)」の堀内太郎、「ウジョー(UJOH)」の西崎暢、「ヨシオクボ(YOSHIOKUBO)」の久保嘉男など5人のデザイナーと組んだ商品をそろえる。

 定期的に行っていく店頭イベントでは、10月にメンズで「N.ハリウッド(N. HOLLYWOOD)」の催事を予定。ドレスラインの“コンパイル”で、ジャケットやスラックスのイージーオーダーを実施、ロロ・ピアーナ社の生地をそろえる。

 「ステュディオス」は2007年に1号店を出店。以来14年超が経ち、客も年齢を重ねている。出店にあたり谷正人TOKYO BASE最高経営責任者は、「『ステュディオス』卒業生や、東京ブランドには興味があっても『ステュディオス』には行かない方、華美なデザインやロゴものが苦手な方、百貨店の外商は行き過ぎだが、しっかりサービスを受けたい方に向けて、新たな挑戦をしていく」とコメント。同社は今秋、「ステュディオス」でも丸の内や玉川高島屋S・Cなど、大人客中心の立地に出店している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら