ファッション

「トモ コイズミ」の小泉智貴が「第39回毎日ファッション大賞」に 新人賞は「CFCL」高橋悠介

 毎日新聞社は「第39回毎日ファッション大賞」の受賞者を発表し、大賞は「トモ コイズミ(TOMO KOIZUMI)」の小泉智貴デザイナーが受賞した。新人賞・資生堂奨励賞は「CFCL」の高橋悠介クリエイティブディレクターが選ばれた。

 業界に貢献した人や団体に贈る鯨岡阿美子賞は、デザイナーの山縣良和が主宰する「ここのがっこう」が受賞。話題賞には、キャンプ需要を追い風に急成長するアウトドアブランド「スノーピーク(SNOW PEAK)」が選出された。また昨年10月に他界した故・高田賢三氏の功績を称えて「ファッション文化特別賞」を設けた。

 大賞の小泉デザイナーは1988年千葉県生まれ。千葉大学在学中に「トモ コイズミ」を立ち上げた。トップスタイリストのケイティ・グランド(Katie Grand)に見出だされ、2019年にニューヨーク・ファッション・ウイークで初のランウエイショーを実施。その後、LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON以下、LVMH)の20年度「LVMHヤング ファッション デザイナー プライズ(LVMH YOUNG FASHION DESIGNER PRIZE)」のファイナリストに選出され、「エミリオ プッチ(EMILIO PUCCI)」21年春夏コレクションのカプセルコレクションにゲストデザイナーとして参加した。今年7月には22年コレクションのランウエイショーを京都・二条城で発表した。

 新人賞の高橋クリエイティブディレクターは1985年東京都生まれ。文化ファッション大学院大学修了後、2010年に三宅デザイン事務所入社。13年に「イッセイ ミヤケ メン(ISSEY MIYAKE MEN)」のデザイナーに就任し、6年間チームを率いた。20年に退社し、CFCLを設立。3Dコンピューター・ニッティングと島精機製作所のホールガーメント技術を用いた無縫製のニットウエアなどを中心に、“時代に左右されない衣服”を提案する。

第39回「毎日ファッション大賞」の受賞者は以下の通り。
大賞:小泉智貴 / 「トモ コイズミ」デザイナー
新人賞・資生堂奨励賞:高橋悠介 / 「CFCL」クリエイティブディレクター
鯨岡阿美子賞:ここのがっこう
話題賞:スノーピーク
ファッション文化特別賞:故・高田賢三

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら