ビジネス

阪急うめだ本店、ジュエリーや食品売り場を臨時休業に クラスター発生で

 阪急阪神百貨店は16日、阪急うめだ本店(大阪・北区)の従業員の新型コロナウイルス感染者増加を受け、地下1階の食品売り場と1階のアクセサリー・シーズン雑貨売り場をあす17日から当面の間、臨時休業にすると発表した。大阪市保健所からクラスターと判断されたことを受けて対策を徹底する。感染者が多く出ている売り場を一時的に閉め、該当する従業員約3000人のPCR検査を実施する。同社では隣接する阪神梅田本店でも7月末から8月初めにかけて感染者が続出したため、食品売り場を19日まで臨時休業している。

 阪急うめだ本店では7月27日から8月16日の21日間で計89人の従業員が感染した。1日に10人以上の感染者が出た阪神梅田本店に比べてれば、まだ緩やかではあるが、保健所からのクラスターと判断された事実を重く受け止めて、一部売り場の臨時休業を決断した。

 休業の対象となるのは、地下1階の和・洋菓子や弁当などを売る食品売り場。地下2階で生鮮品やパン、酒類などを販売する食品売り場は、感染者が少ないため営業を継続する。1階は全てではなく、感染者を多数出したアクセサリー(ジュエリーなど)とシーズン雑貨(帽子、傘、サングラスなど)が対象で、フロアの半分ほどが休業する見込みだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら