ビジネス

「倫理的」と「ぜいたく」は両立するか? エディターズレター(2021年7月16日配信分)

※この記事は2021年07月16日に配信した、メールマガジン「エディターズレター(Editors' Letter)」のバックナンバーです。最新のレターを受け取るにはこちらから

「倫理的」と「ぜいたく」は両立するか?

 いくばくか、ではありますが弊社でもボーナスが支給されました。で、自分へのご褒美に買ったのが、「トム フォード」の“トム フォード・オーシャン プラスチック・タイムピース”。SSENSEで注文したら、カナダから2日で届きました。ゴイス~、でありました。

 どうしてコレを?と聞かれたら、「トム様が言う、“倫理的なぜいたく”を体感したかったから」です。

 実際、どうだったのか?と問われたら、海洋プラスチックごみを再利用した時計は、たしかに“倫理的なぜいたく”を提供してくれました。「それって何?」と聞かれたら、まずは予想より2ランクくらい美しく、稚拙な表現ながら「ホントにコレ、ゴミからできてるんですか?」という面構え。既存品と同じデザインなので、「30万円台~だったデザインが、10万円以上も手頃に!」や「コレで、『トム フォード』の時計の付け替えストラップ(耐久性よりエレガンスを優先した、美しいのがあるんです)も楽しめる!」という満足感があります。

 そして何より、「コレは、地球に優しい」という満足感、もしかしたら優越感、少なくとも“ちょっと心地よい感”は、なかなかのバリューだな、って体感したのです。

 優越感は、どんなにキレイゴトを語っても、ラグジュアリー・ブランドが提供できる大きな価値の1つです。もちろん今も「周りより高いモノ」や「周りはまだ持っていないモノ」を「周りよりいち早く」持つは優越感の最たるものでしょうが、「周りより地球にいいモノ」を所有することも優越感になり得そうです。別に結果的に地球に良い事なら、そして、この優越感をひけらかして誰かを傷つけたりしなければ、堪能しても良い感覚ですよね?「優越感」を味わうためにラグジュアリーを買う皆様(私、その動機を否定するつもりは全くありません)、「周りより地球にいいモノ」という選択肢はいかがですか?

 そして、プラカップで冷たい飲み物を飲んじゃうときも、この時計と一緒だと、ちょっとだけ後ろめたい気持ちが軽減されました。イヤ、ホントはそれじゃダメだし、「『地球にいいモノ』を身につけながらマイボトルも持ち歩けよ!」ってハナシなのですが、どうしても難しい時もあります。そんな時、「時計は地球にいいモノだから、ゴメン!」って言う気持ちが生まれ、後ろめたさから少しだけ解放された気もするのです。

 こう言う心的充足感、自己否定しないで日々を過ごせるきっかけ、コレもラグジュアリーが提供すべきモノですよね?

 もちろん個々人において形はさまざまでしょうが、相反するように思える「倫理的」と「ぜいたく」は、たしかに共存するようです。トム様、さすがでございます。

FROM OUR INDUSTRY:ファッションとビューティ、関連する業界の注目トピックスをお届けする総合・包括的ニュースレターです。「WWDJAPAN Digital」が配信する記事から、特にプロが読むべき、最新ニュースや示唆に富むコラムなどをご紹介します。

エディターズレターとは?
「WWDJAPAN」の編集者から、パーソナルなメッセージをあなたのメールボックスにダイレクトにお届けするメールマガジン。ファッションやビューティのみならず、テクノロジーやビジネス、グローバル、ダイバーシティなど、みなさまの興味に合わせて、現在8種類のテーマをお選びいただけます。届いたメールには直接返信をすることもできます。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら