ビューティ

「レ・メルヴェイユーズ ラデュレ」が販売終了 22年6月までに順次閉店

 アルビオンは、スイス・ラデュレ社とライセンス契約を結ぶコスメブランド「レ・メルヴェイユーズ ラデュレ(LES MERVEILLEUSES LADUREE)」を12月末で終了する。百貨店や化粧品専門店や公式ECサイトは、販売猶予期間である2022年6月末までに順次閉店する。

 「レ・メルヴェイユーズ ラデュレ」は、1862年に創業したパリの老舗パティスリーである「ラデュレ」から誕生したコスメブランド。アルビオンはラデュレ社とコスメの製造・販売のライセンス契約を結び、2012年1月から展開する。バラの花びらを模したチークなどが多くの女性を魅了したほか、訪日観光客からも支持を受けていた。しかしここ数年は業績が振るわず、直近の2021年3月期の売上高は前期比44.6%減だった。

 現在、百貨店9店舗と専門店39店舗、直営店1店舗、ECで展開するが、順次クローズする。

 同社は「アルビオン(ALBION)」や「イグニス(IGNIS)」などのほか、海外ブランドとして「レ・メルヴェイユーズ ラデュレ」や「アナ スイ コスメティックス(ANNA SUI COSMETICS)」などを保有する。14年には「ソニア リキエル ボーテ(SONIA RYKIEL BEAUTE)」の販売を終了した。今後、海外ブランドは「アナスイ」「ポール & ジョー ボーテ(PAUL&JOE BEAUTE)」のみとなるが、海外市場への進出やeコマースを強化し、攻勢をかける。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。