ビューティ

「レ・メルヴェイユーズ ラデュレ」食用バラを使用した新スキンケアと限定フェイスパウダーが登場

 「レ・メルヴェイユーズ ラデュレ(LES MERVEILLEUSES LADUREE)」は、化粧水とクリームの2品と数量限定のフェイスパウダーを9月6日から販売する。化粧品原料としての使用はめずらしい無農薬栽培の食用のバラ「ホワイトチャーミング」のエキスを配合。収穫後すぐにエキスにするフレッシュコールド製法を用いて、バラの成分を余すことなく抽出している。

 化粧水「ローズ エッセンス ウォーター」(6000円)は、肌を柔らかく整えて、潤いで満たし、ふっくらとした肌に導く。エモリエントオイルを乳化した肌なじみのよいテスクチャーが特徴だ。さらに、カプセル化したセラミドブルーカプセルを配合し、潤いの膜により肌のバリア機能をサポートする。クリーム「ローズ エッセンス クリーム」(8000円)は濃密な潤いで肌内部を満たしながらも、表面はべたつかず滑らかな仕上がりが特徴だ。化粧水は美容液を兼ねた処方で、化粧水とクリームの2ステップでスキンケアが完了する。どちらもみずみずしいホワイトチャーミングローズの香り。

 数量限定の「フェイスパウダー ローズ ラデュレ」(1万円)は人気の高い花びらを模したチークと同じ形状。透明感に優れた六方晶パウダーや、滑らかな質感のスライドパウダーなど、形状や質感の異なるパウダーを組み合わせたことで、きめの細かい美しい肌に仕上がる。セラミド配合で肌の潤いもキープする。

【エディターズ・チェック】
「フェイスパウダー ローズ ラデュレ」は、メイクの最後にひと塗りすると、肌がワントーン明るくなって仕上がりを格段に高めてくれます。ふわりと香るバラの香りにもうっとり。ローズガーデンをイメージしたというインテリアのような美しいデザインも、乙女心をくすぐります。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら