ニュース

レ・メルヴェイユーズ ラデュレが本国フランスに進出。パリ市内のセフォラで販売をスタート

 アルビオンが手掛けるコスメブランド、「レ・メルヴェイユーズ ラデュレ(Les Merveilleuses LADUREE)」が10月7日、ラデュレの本国であるフランスに進出する。パリ市内のシャンゼリゼ、マドレーヌ、オスマン3店のセフォラで販売をスタートする。パリ進出の経緯と狙いについて、同社の仙石亜希子=レ・メルヴェイユーズ ラデュレ マーケティング ディレクターは「ラデュレの本国であるフランスで展開することは必然だった。インターナショナルに展開するパティスリー同様、コスメティクスラインについても開発当初から世界での販売を視野に入れて開発が進められてきた」と語る。

 販売アイテムは、日本と同様チークをメインとしたメイクアップ製品58SKU。セフォラ規定のゴンドラ什器で販売し、3店舗とも専任担当者がつく。仙石マーケティングディレクターは「まずはパリのトップ3のセフォラだけで導入し、希少性を守りながら市場の反応を確認したい。日本国内と同様、主要都市の主要店舗だけをメインに展開する予定」とし、来年以降アジアへの進出も検討中という。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら