ビジネス

22年内に実店舗出店の考えも 再上陸した米アメリカンイーグルの下着ブランド「エアリー」

 米アメリカンイーグル アウトフィッターズによるインナーウエアやアクティブウエアのブランド「エアリー(AERIE)」は6月24日、日本再上陸に合わせてお披露目イベント“エアリーハウス”を行った。6月17日から自社ECで日本向けに販売を始めており、2022年中に日本で実店舗出店の考えもあるという。

 「エアリー」は日本ではカジュアルブランド「アメリカンイーグル アウトフィッターズ(AMERICAN EAGLE OUTFITTERS以下、AEO)」の一部店舗でコーナー展開していたが、日本で「AEO」の運営を手掛けていた青山商事が19年に事業撤退を決め、日本の全店とECを閉鎖していた。今回の再上陸は本国が直接手掛けており、日本のECで注文された商品は香港の物流センターから出荷されるという。

 「AEO」も20年に日本向けECを再ローンチし、販売を再開している。22年中に「エアリー」が日本出店を目指す際に、単独店になるのか「AEO」との複合店になるのかなどは未定。

 “エアリーハウス”では、モデルのメロディー洋子氏によるヨガセッションをライブ配信。その他、ビジュアル撮影などを行った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら