ファッション

増永眼鏡が6月16日オープンの新店に、アバターを使った非接触型測定・試着サービスを導入

 老舗アイウエアメーカーの増永眼鏡(福井県、増永宗大郎社長)は、小田急電鉄が6月16日に東京・下北沢に開業する新商業施設「リロード」内に、「マスナガ1905(MASUNAGA1905)下北沢店」をオープンする。店舗面積は約45平方メートル。

 最大の特徴は、コロナ禍でニーズが高まる非接触型サービスで、実現のためドイツのカールツァイスビジョン(Carl Zeiss Vision)の最新デジタル3D機器“ツァイス ビズフィット1000(ZEISS VISUFIT 1000)”を導入した。同システムは、9台のカメラでワンショットで180度を撮影。顔の凹凸や瞳孔間の距離を正確に計測・解析し、一人一人に合わせたフレームやレンズを提案するもので、これまで国内で12台が運用されているが、マスナガ1905下北沢店では初めて、客の撮影データからアバターを作成。格納済みの眼鏡データとの組み合わせで、バーチャルにフィッティング体験ができる。

 野原弘道マーケティング室室長は、「実際のフィッティング時間を省き、店舗滞在時間を最小限にできるニューノーマルに適したサービスだ」と説明する。そのため陳列棚は、客が手を触れないよう設計されている。

iPadを使ってバーチャルにフィッティング体験ができる

■MASUNAGA1905下北沢店
オープン日:6月16日
時間:11:00〜20:00
定休日:木曜日
住所:東京都世田谷区北沢3-19-20 リロード1-3

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら