ファッション

福井の眼鏡産業の祖 増永眼鏡の青山旗艦店がリニューアルオープン

 福井県の眼鏡メーカー、増永眼鏡は2002年にオープンした直営店「マスナガ1905 アオヤマ」の内装を全面改装し、12月8日にリニューアルオープンした。美術家サイトウマコトが手掛けた外装は生かし、新たに内装デザインをトラフ建築設計事務所が手掛けた。

 1、2階が店舗で、3階はオフィス。1階はナチュラル色を使ったカジュアルなイメージで、2階は青を基調に落ち着いた雰囲気にした。5色のグラデーションのパネルをレンガ状に並べた壁面全体に、150本のアイウエアが並ぶディスプレーウォールは壮観だ。「増永眼鏡の丁寧なモノ作りから生まれた1点1点を大切に見せることを心掛けた」と建築設計事務所の鈴野浩一。増永眼鏡5代目の増永宗大郎・社長は「当店は単なる眼鏡店ではなく、情報発信、情報収集、情報交換の場。アイウエアの楽しさ、増永眼鏡の商品の良さをアピールし、より多くのアイウエアファンを増やしたい」と話した。

 増永眼鏡は、大阪から眼鏡の製造技術を福井に導入して、“眼鏡産業の祖”とされる、増永五左衛門が1905年に創業した。ミド(ミラノ)、シルモ(パリ)など世界の眼鏡国際展に参加し、「マスナガ1905(MASUNAGA1905)」などハウスブランドを国内外で販売している。トラフ建築設計事務所は、鈴野浩一と禿(かむろ)真哉が2004年に設立。建築設計をはじめ、インテリア、プロダクトデザインなど活動は多岐に渡る。16年、「トラフ建築設計事務所 インサイド・アウト」(TOTO出版)を刊行した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら