ファッション

40項目の目の検査ができるメガネスーパーの次世代型アイケア店

 全国370店舗を擁する眼鏡専門店チェーン、メガネスーパーは11月23日、高田馬場本店を全面リニューアルし次世代型店舗の1号店としてオープンする。。次世代型のポイントについて星﨑尚彦・社長は「価格の安さや速い検眼、仕上がりを目指すのではない。目の健康に必要な商品やサービスを提供するアイケアに特化した、従来にない空間を実現した。検査、リラクゼーション、フィッティング、販売、保証システムなどアイケアの付加価値サービスについて世界一を目指している」と説明した。約300平方メートルの店舗に全店一の40ブランド以上をそろえる他、新しく夜間視力検査機器を導入し、40項目にわたる目の検査を行うことができる。また、目のリラクセーションサービスとして、検査前に首や肩のもみほぐしなどの施術を受けることができる(10分1000円)のも特徴だ。高田馬場本店の売上高は年間2億円だったが、このリニューアルにより2億5000万円を見込んでいる。同店の商況を検証後、来年1月以降に2号店をオープンし、将来的に全店の20%を同様の業態に転換する計画だ。

 メガネスーパーは星﨑社長就任後、“アイケアカンパニー宣言”をして事業の立て直しを図り、16年4月期に黒字転換を果たした。それ以降も業績を伸ばし、同グループの既存店売上高は16年2月以降、21カ月連続で前年を上回っている。11月1日付で純粋持ち株会社ビジョナリーホールディングスを設立し、新しいスタートを切っている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら