ビューティ

資生堂とコーセーがワクチンの職域接種

 資生堂とコーセーは6月下旬から職域での新型コロナワクチン接種を開始する。資生堂は21日以降準備が整い次第、東京・汐留本社と大阪、名古屋など全国9カ所で行う。接種を希望する日本国内のグループ会社に勤務する従業員を対象とする。

 コーセーは28日、東京・王子研修センターやアルビオン大阪支社など全国6カ所で実施する。対象はコーセーグループに勤務する全従業員(派遣社員・業務委託社員含む)で最大1万2000人規模を想定する。

 両社とも接種にかかる時間は勤務時間扱いとなる。資生堂は副反応が出た際、特別有給休暇を付与するという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら