ビューティ

日本ロレアルや資生堂など4社がタッグ イオンで使用済容器の回収リサイクルを実施

 テラサイクルジャパンは6月4日、化粧品・日用品メーカー4社(日本ロレアル、P&G、資生堂、コーセー)と協働し、イオンリテールが全国の「イオン」「イオンスタイル」87店舗で実施する「グラムビューティーク リサイクル プログラム」で使用済み容器の回収・リサイクルを行う。

 この取り組みは企業の垣根を越えて容器回収に取り組むことで消費者に「安心して商品を購入できる環境」と「環境配慮に気軽に参加できる場」を提供するのが狙い。イオン店舗内の美と健康づくりをサポートする自主編集売り場「グラムビューティーク(GLAM BEAUTIQUE)」や化粧品売り場内に回収ボックスを設置し、スキンケアやメイクアップ、ヘアカラー、ヘアケアのカテゴリーであれば購入店舗やメーカーを問わず回収・リサイクルする。

 同取り組みに対し日本ロレアルは「今後は製品だけではなく、メイクアップがつなぐ一人一人の小さなアクションが生み出す新しい価値を提案する。その新たな発信の場として、今回、持続可能な社会作りにかける思いを同じくするイオン のプロジェクトに参画できうれしい」とコメント。資生堂は「環境課題の一つであるプラスチック容器に関しては、サーキュラーエコノミーの考えに基づきプラスチック量削減やレフィルの配置、容器再利用プログラム(LOOP)への参加などの活動を強化している。企業の垣根を超えて協働し、さらにお客さまとともに取り組む本プログラムへの参画により、サステナブルな環境・社会に向けてより一層貢献していきたい」と述べた。

 回収した容器は洗浄・粉砕の後、ペレット(プラスチック素材)にリサイクルされ、新たな資源として活用する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら