ファッション

時計「オメガ」が6月10日、銀座・並木通り店を約1.2倍に拡張リニューアル

 世界最大の時計企業であるスウォッチ グループ(SWATCH GROUP)傘下のスイスブランド「オメガ(OMEGA)」は、銀座・並木通りのブティックを6月10日にリニューアルした。最大の特徴は、売り場面積を約1.2倍に拡張して総面積を約62平方メートルとした点で、最新および定番の時計コレクションはもちろん、サングラスやジュエリーもラインアップする。

 最新のデザインコンセプトに則り、店内はブランドカラーである赤を差し色使い。店舗奥にはソファーを備え、「オメガ」にまつわる書籍を集めた“ライブラリー”も新設した。

 沖早織オメガ事業本部長は、「『オメガ』の国内販売平均価格は70万円前後だが、100万円を超える商談も増えている。ライブラリーはこれを補完する重要な設備だ。拡張に伴い時計の取り扱い点数が増え、アイウエアやジュエリーもラインアップした。これらを“クロスセリング”(時計と共に提案)することで、さらなる単価アップを狙いたい」と話す。

■オメガブティック 並木通り
オープン日:6月10日
時間:月〜土曜日 11:00〜19:30 / 日・祝日 10:00〜18:30
定休日:木曜日
住所:東京都中央区銀座6-7-16

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら