ファッション

「ミッソーニ」のクリエイティブ・ディレクターが退任 後任は創業家の外から

 アンジェラ・ミッソーニ(Angela Missoni)=ミッソーニ 社長兼クリエイティブ・ディレクターが退任する。アンジェラはクリエイティブ・ディレクターを24年間務めてきた人物で、引き続き同社の社長として関与していく。

 これはリヴィオ・プローリ(Livio Proli)最高経営責任者(CEO)が進めている再編計画の一環で、アンジェラの右腕を12年間務めてきたアルベルト・カリーリ(Arberto Caliri)が暫定的な後任に就任する。

 「ミッソーニ」の主な顧客層が40代以上であることから、カリーリには新たに若い世代をを取り込むクリエイションが求められている。リヴィオ・プローリCEOは、「ミレニアル世代を含む新たな顧客層の開拓が必要だ。しかしそれは年齢ではなくマインドセットの意味合いが強く、35歳でも60歳でも『ミッソーニ』を着れば同じ新鮮さを体感してもらえる」と説明する。また、カリーリにはエントリーアイテムなど、コレクションの幅を充実させることも期待されている。

 カリーリのデビューコレクションは9月に開催予定の2022年春夏コレクションとなる。「できればデジタルでない方法で開催したい」とプローリCEO。あくまでメインはウィメンズラインだとしつつも、「メンズのルックもいくつか発表するかもしれない」とメンズカテゴリーの開発に関心があることを認めた。

 今回退任が発表されたアンジェラは、「ミッソーニ」のキッズラインで家業に入り、その後ジュエリーやフレグランスを手掛けた。1991年には自身のアパレルブランドをスタート。その後再び家業に戻り、創業者で母親のロジータ(Rosita Missoni)の下で2年ほど経験を積んだ後、97年10月に開催したファッションショーで「ミッソーニ」のデザイナーとしてデビューを果たした。

YU HIRAKAWA:幼少期を米国で過ごし、大学卒業後に日本の大手法律事務所に7年半勤務。2017年から「WWDジャパン」の編集記者としてパリ・ファッション・ウイークや国内外のCEO・デザイナーへの取材を担当。同紙におけるファッションローの分野を開拓し、法分野の執筆も行う。19年6月からはフリーランスとしてファッション関連記事の執筆と法律事務所のPRマネージャーを兼務する。「WWDジャパン」で連載「ファッションロー相談所」を担当中

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら