ファッション

「マルニ」「ミッソーニ」からマスクアイテム登場

 「マルニ(MARNI)」と「ミッソーニ(MISSONI)」は、それぞれオリジナルのフェイスマスクアイテムを発売する。

 「マルニ(MARNI)」からは、ブランドのアーカイブであるアップサイクルコットン生地を用いたカラフルなプリントを施したマスクカバー(9500円)が登場。カバーと同柄のロゴ入りキャンバスケースも用意した。売り上げの一部はイタリアの赤十字社に寄付される。9月28日に全国の「マルニ」店舗で発売する。

 「ミッソーニ(MISSONI)」は、スラブヤーンを用いたストライプ柄(1万4500円)やリーフ柄(9500円)、ラメ糸を用いたもの(1万4500円)などユニセックスなデザインを全7種類そろえる。公式インスタグラムでは同アイテムのフィルターを用いて、バーチャルで試着ができる仕掛けを用意した。9月23日から三越日本橋本店のポップアップストアで先行発売する。ポップアップではマスクに加えてバッグやポーチなどのアクセサリーも販売する。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら