ファッション

代官山に隈研吾による複合施設 23年秋竣工

 東急不動産は、東京・渋谷区の新複合施設「代官山町プロジェクト(仮称)」に着工した。2023年秋に竣工の予定だ。

 建築家の隈研吾が設計を担当した賃貸住宅、オフィス、商業施設で構成される複合施設。地上10階・地下2階建てで、敷地面積は約4000平方メートル、延べ床面積は約2万2000平方メートルになる。八幡通りに面した代官山アドレスの隣接地で、“暮らす”“働く”“遊ぶ”を融合したライフスタイルの提供を目標にしている。

 建物は“木箱”を積み上げたような形状。1つの大きな箱ではなく、小さな箱を積み上げることで多様性を表現した。緑豊かな外観で、真ん中にはアトリウム(中庭)も設けた。デザインした隈は「木箱は空とつながるだけではなく、街とも結ばれ、木箱の生活は代官山の街の活動の一部になる」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら