ファッション

ヘア・ネイル・洋服・写真をパッケージで提案 巣鴨のシニア向け美容室に予約殺到!

有料会員限定記事

 東京・巣鴨にある「えがお美容室」は、50代以上をターゲットに成長を続けるシニア世代専門のヘアサロン。ネイルサロン「えがお爪工房」とアパレルショップ「えがお洋品店」を併設し、同じ巣鴨に写真館「写真館」も運営していることが特徴で、それぞれのメニューを1つのパッケージとして提案している。2019年の売り上げは前年比約2倍、そしてコロナ禍となった20年も同約1.5倍という躍進の秘訣を、同美容室を展開するサンクリエーションの太田明良代表に聞いた。

WWD:「えがお美容室」をオープンするまでの経緯は。

太田明良サンクリエーション代表(以下、太田):私のキャリアのスタートは、ファッションスタイリストのアシスタントなんです。スタイリストは、年齢を重ねるにつれて辞めていく人が多く、ほんの一握りしか上に行けない職種なんです。それで「一般向けのビジネスをしないと未来が見えない」と感じ、知り合いのカメラマンとヘアメイクアップアーティストに声を掛け、3人で一般向けの写真館を始めたんです。7年前のことですね。

WWD:その写真館が「えがお美容室」の前身。

太田:そうです。写真館は斜陽産業なのですが、「だからこそ勝てる」という思いがありました。周りの写真館の大半が子どもをターゲットにしていたので、シニア向けに展開した方が面白いと思い、対象の年齢層を絞っていきました。それが軌道に乗って全国から集客できるようになった頃、お客さまから「ヘアメイクはやっているのに髪は切れないの?」や「カラーはできないの?」と頻繁に聞かれるようになりました。

この続きを読むには…
残り4045⽂字, 画像17枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら