ビジネス

オンワードHDの最終赤字231億円 21年2月期

 オンワードホールディングス(HD)の2021年2月期連結業績は、純損益が231億円の赤字(前期は521億円の赤字)だった。コロナによる国内外での店舗休業と、百貨店など都心部での消費低迷が痛手になった。子会社の伊オンワードラグジュアリーグループなどの売却損51億円、固定資産などの減損損失32億円といった構造改革費用も影響した。

 売上高は同29.8%減の1743億円だった。コロナに加えて19年10月から着手した国内外での店舗撤退が計1700店舗に及んだことも減収の要因。EC(ネット通販)の売上高が同26%増の416億円と拡大したものの、リアル店舗の落ち込みを補うには至らなかった。国内の売上高構成比はECが33%、百貨店が29%、ショッピングセンターその他が38%だった。コロナ下とはいえ、かつて6割以上を占めていた百貨店の売上高をECが上回った。本業のもうけを示す営業損益は212億円の赤字(前期は30億円の赤字)だった

 22年2月期の業績予想は売上高1905億円(前期比9.3%増)、営業利益32億円、純利益63億円。EC売上高は500億円を想定する。19年10月にスタートしたグローバル構造改革によって営業利益で200億円の押し上げ効果を見込む。

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら