ビューティ

【齋藤薫のビューティ業界へのオピニオン】コスメ界の一大革命となるか?「ビューティプレスボード」への、不安と期待と、成功要因

有料会員限定記事

 月刊誌「WWDビューティ」には、美容ジャーナリストの齋藤薫さんによる連載「ビューティ業界へオピニオン」がある。長年ビューティ業界に携わり化粧品メーカーからも絶大な信頼を得る美容ジャーナリストの齋藤さんがビューティ業界をさらに盛り立てるべく、さまざまな視点からの思いや提案が込められた内容は必見だ。(この記事は月刊WWDビューティ2021年1月号からの抜粋です)

 開発に5年、それでもコロナ変革の一部に思えるほど絶妙なスタートを切った「ビューティ プレスボード」、もう登録済みの人も多いだろう。PR会社大手メディア・グローブによる美容系プレスの“構造改革”である。

 もちろん双方により多くの企業が登録しなければ体をなさないが、1月12日の時点で84ブランド、メディア側は532人が既に登録。おそらくは予想以上の登録数に、それならばと追随する企業やメディアは加速度的に増えるはずで、成功の半分はもう見えている。全てが初の試みで実際どう機能するのかは未知数だが、編集者やライターはなんと無料、ブランド側も月額3万円という良心的な設定も成功を後押しするのだろう。

この続きを読むには…
残り674⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら