ビューティ

齋藤薫のビューティ業界へのオピニオン “先進的過ぎるもの”には戸惑いを見せるコスメ界は、保守的過ぎないか?

有料会員限定記事

月刊誌「WWDビューティ」には、美容ジャーナリストの齋藤薫さんによる連載「ビューティ業界へオピニオン」がある。長年ビューティ業界に携わり化粧品メーカーからも絶大な信頼を得る美容ジャーナリストの齋藤さんがビューティ業界をさらに盛り立てるべく、さまざまな視点からの思いや提案が込められた内容は必見だ。(この記事は月刊WWDビューティ2020年11月号からの抜粋です)

 進化、進化、進化……このワードを毎日のように目にするほど、コスメの世界は進化と共にある。そして“革命的”を常に待ち望んでいる。にもかかわらず、化粧品の世界は極めて保守的。先進性を喜ぶ一方、どこかで「あんまり変わらないでね」と思っている、そういう“ねじれ構造”が潜んでいるのだ。

 言い換えるなら、コスメ業界にはあまりに先進的すぎるものは、なかなか受け入れない土壌があるということ。例えば2006年に「SK-II」から発表されたエアータッチファンデーション、覚えているだろうか。もちろん今見ても充分過ぎるほど新しい、未来的な超高機能機器には本当に目を見張ったもの。ただの噴霧式のファンデではない、肌と粉体をイオン結合させるため、マイナスイオンを帯びる素肌には付着しても、髪や眉、洋服には吹きかけても付かないという画期的なものだった。従って、手の平に噴射させれば手の平にしか、指先に噴射させれば指先にしか付かないのだ。1カ所に固まることなく、微細な粉体が見事に均一に整列、誰が塗っても驚くほど美しい肌が出来上がる。ちょっと意味が分からないほど高次元の作り!しかし従来のファンデに取って変わることはなかった。マスコミもコスメ界も驚愕したものの、あまりに新し過ぎたか現実には戸惑いの方が大きくなかなか定着していかなかった。失敗ではなく「早過ぎた」というのが大方の見方で、今はもう誰も話題にしない。正直「何ともったいない」と思ったものだ。

この続きを読むには…
残り623⽂字, 画像0枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年秋冬に売れたものは何だった? 特選、婦人服、化粧品の商況を取材/付録「WWDビューティ」2月号

「WWDジャパン」2月22日号は、「2020年秋冬に売れたものは何だった?」というテーマで特集を組んでいます。特選(ラグジュアリーブランド)、婦人服、化粧品という注目3市場について、20年8~12月の商況を有力百貨店やファッションビル、ショッピングセンターにそれぞれ聞きました。そこから見えてきたのは、“イエナカ”“高額品”“信頼の定番”“ワクワク”“コラボ”という5つの消費キーワード。ウィズ・コロ…

詳細/購入はこちら