ファッション

2021年「LVMHプライズ」が募集開始 セミファイナルの選考はデジタルで

 LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON以下、LVMH)は、2021年度「LVMHヤング ファッション デザイナー プライズ(LVMH YOUNG FASHION DESIGNER PRIZE以下、LVMHプライズ)」の候補者募集を開始した。8回目の開催となる「LVMHプライズ」の申請は公式ウェブサイトから可能で、2月28日まで受け付ける。

 最終選考に駒を進めるセミファイナリストの選出についてLVMHは、「パンデミックによる一部の行動制限を受けて、21年のセミファイナル選抜は4月6〜11日にデジタルで開催する。国際的に活躍するエキスパートのそれぞれが、オンライン上でデザイナーを選出する」と述べた。これまでは3月のパリ・ファッション・ウイーク期間中の展示会形式のイベントで行われていたが、デジタルシフトとなった。

 審査員はLVMHが有するブランドを手掛けるデザイナーから、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)やステラ・マッカートニー(Stella McCartney)、リアーナ(Rihanna 本名:ロビン・リアーナ・フェンティ)、ジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)、クリス・ヴァン・アッシュ(Kris Van Assche)、マリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)、ニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquiere)、マーク・ジェイコブス(Marc Jacobs)らが務める。

 加えて、デルフィーヌ・アルノー(Delphine Arnault)=「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」エグゼクティブ・バイス・プレジデント、ジャン・ポール・クラヴリー(Jean-Paul Claverie)LVMH社会貢献活動部門責任者、シドニー・トレダノ(Sidney Toledano)LVMHファッショングループ(LVMH FASHION GROUP)会長兼最高経営責任者といった名だたるメンバーが名を連ねる。

 「LVMHプライズ」は13年11月、若手ファッションデザイナーの育成・支援を掲げ、アルノー=ルイ・ヴィトン エグゼクティブ・バイス・プレジデントが中心となりスタートした。応募資格は、40歳未満で少なくとも2つのコレクションを製作していること。

 勝者は賞金として30万ユーロ(約3780万円)を受け取るほか、LVMHグループのエキスパートによる1年にわたるメンターシップ(指導)を受けられる機会を獲得する。また創設当初から審査員として参加していた故カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)氏の功績を称えて「カール・ラガーフェルド賞」と改称された特別賞の勝者は賞金15万ユーロ(約1890万円)と、グランプリ同様に1年間の指導を受ける機会を手にする。

 20年度の「LVMHプライズ」は中止となり、LVMHは若手デザイナーの支援により深く焦点を当てた。ファイナリストに選ばれていた小泉智貴「トモ コイズミ(TOMO KOIZUMI)」デザイナーやピーター・ドゥ「ピーター ドゥ(PETER DO)」デザイナーら8組は、グランプリ賞金を競う代わりにそれぞれ4万ユーロ(約504万円)が与えられた。

 引き続き若手支援に取り組むLVMHは、ファッション学校の卒業生3人を選出する。20年と21年の卒業生の両方が対象で、受賞者はLVMH傘下メゾンの1つで1年間学ぶ。また、過去に授賞経験のあるデザイナーは「カール・ラガーフェルド賞」の寄付金を含む基金が提供する助成金への申請も可能だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら